迷走、瞑想、競う、奇想。「生存」のタメの絵なのか、「絵」のタメの生存なのか。。。イラストレーターの「ロスジェネ時代」に奮闘(もうしない)イラストレーター!

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いや、もう先にブログを書いてやる、書いてやるからさ~(誰に言ってるデスか;)

お待たせいたしました監督。。。っ祭りです。m(__)m
祭りと言うほど写真はありませんが
監督と一緒に同行されていた脚本家の方に、浜野監督との
お写真を撮っていただきました(その節は、ありがとうございましたー
現像を楽しみに致しております~)

hamano01.jpg


と、本日は監督にもお約束した映画の感想から、お先に。。。
監督話は後日ブログに続きで書き留めます。
(写真、手前が浜野佐知監督。緊張の余り思いっきり手ぶれてますonz)

某映画祭りで初めて上映作を2作、拝観させていただきました。
今回はピンク映画界の巨匠としての作品ではなく世界に羽ばたく
女性監督としての作品群から、、、

『百合祭り』

はぁぁ~、もうなんて言うか映画館で笑いながら、涙と鼻水が大洪水(オィ
になったのは久々でしたので、本当に監督ありがとうー
と、お礼を言いたくなった作品です。

老年期を迎えた女性達の性と生の生き生きとした群像が
年代を超えて心にストンーと染み入ります。
もうとにかくキェーから
ダンパまで笑って泣けて
笑って泣けて、あっと言う間に過ぎました。
しかしオタク的に特筆すべきはなんと言っても

白雪姫でしょう
見てない方の為に詳しくは伏せますが、最初、吉行和子さんの回想(妄想?)シーンを
見た時、真ん中のヒトは誰
状態だったのですが、、、や、ホントスゴイですね
化けるのは女優さんだけじゃないと思いましたヨ
10代ぐらいの方がご覧になっても十分楽しめる良作でした。
(あっ、少しだけ濡れ場シーンがありますけどね;;でも、綺麗でしたよ、かなーり
流石、監督、カメラワークが絶品でした
キャストも豪華です、会場での衣裳話の秘話は笑いました。)

『こほろぎ嬢』

こちらを拝観させていただいた時に感じた内面のハプニングは監督にだけ、こそっと
メールでお伝えいたしました(迷惑)。

見た順番が、百合祭り→こほろぎ嬢 でしたので、頭の中を静かにするのに最初の
数分は費やしました;
この作品は口頭で説明するよりもまずは自分の目で確かめる方が早いです。
尾崎翠のことを最近まで知らなかったことに思わず青くなるような
(いや、nosumaがね。。。)
魂の篭った作品です。

その真空の空間は、生命ある人が住むにはまだ冷た過ぎるけど、でも良く見ると
温かい。。。

誰かと観るよりも一人でひっそりと見ていたい、そんな作品です。
(帰りがけにカップル連れと遭遇したから言っている訳ではありません)



いっ、もう一時間経ってる

では、今回のレポートの1では、写真はもう一枚だけ
kyakuhon01.jpg

全国のオヤジ・スキー派の腐女子の皆様、お待たせいたしました

映画脚本の山崎邦紀さんのお写真です。
夕暮れ時に撮ったので画像の顔色は濃い目に出てしまいましたが、
シャイで優しいおじさまと言った印象でした。
監督との2写真を撮っていただいたのも、この方でした。

では、後半レポートは監督との謁見、と言っても写真撮るのに精一杯デスタが、、、に続く。

(皆様の拍手も、ありがとうございましたー)




nl01.jpg

『マリモ』
完全女子向け、年齢指定ゲーム☆いよいよ発売までカウントダウン開始!
(情報公開公式サイト『ダブルターミネーテッド』
http://rainbowcrystal.kir.jp/)

☆☆― 嵐の惑星で巻き起こる・重厚なミステリー! ―↓☆
☆『風の大使Ⅱ』全年齢フリーゲーム只今製作中☆
先行ノベル今秋公開予定☆☆)

羽根布団8点セットバーゲン会場はこちら

ブログ・ランキング参加中。
私に餌を与えてもいいよーと言う方は、1ポチお願いいたしますv↓

FC2 Blog Ranking



















スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://vincent.blog72.fc2.com/tb.php/185-6824575f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。