迷走、瞑想、競う、奇想。「生存」のタメの絵なのか、「絵」のタメの生存なのか。。。イラストレーターの「ロスジェネ時代」に奮闘(もうしない)イラストレーター!

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
と言う訳で、前回どこまで書いたのか忘却しかけてマスーが
(マテ 屋根裏のパネルをめくって覗いた世界は、一種、静寂の別空間を
醸しておりました。ちょっと一昔前のファンタジー的
心配していたの死骸は落ちていなかった
しかし、昼間なのに薄暗い、頭だけ覗かせながらどこかに居ると思われる愛鳥の名を
呼んできょろきょろしていると、直後に鼻から思いっきり埃を吸い込みましたonz

一番奥には大工の為の明り取りの鉄格子の付いた小窓があり、その辺りだけがぼんやりと
明るくなっている。大体、電話で尋ねたのは本当に此処にいるか暗視スコープでも
あれば借りようと思ってただけで、位置さえわかればさっさとどうにかして上がってたよ、と、
ぶちぶち自分の監視の落ち度はさておき、さっきから生き物の気配が無い
天井裏で居なかったらどうしようと、不安の状態で見渡すこと
数秒間、やはり明かり取りの近くの柱の間を飛んでいる青い小鳥が一羽、、、、、、
居た
やっぱり普段から小さな隙間に潜り込む変な個だったのでいつの間にか、この薄暗い
天井を反対の部屋の端まで移動して飛んでおりました

でも、臆病な個なので、呼んでも此処まではやって来れない様子、
夜まで待てば、明かりを頼りに下に降りて来るかも知れ無いけど、昨晩から
飲まず食わずで弱り気味の筈、そのまま動けなくなったら此処まで開けた意味が無い、、、

考えること数分、結局自分ひとりでやるしかないので、もう一枚パネルを開いて
椅子の上に台を置くと言う不安定な体勢で天井裏に飛び乗りました。

此処からは早い早い、、そのまま床に乗ったら軋んで踏み抜いてしまいそうだったので、
太い柱の上に腹ばいでしがみついて、小窓の下辺りの柱に止まっている愛鳥の元へ、、、
つか、もうテーマソングがnosumaレンジャーで行けそうでしたが、
流石に自分が痛いので、控えておきます;(何を今更)

aoi01.jpg


愛鳥の元に辿り着いて、手を差し出したらすんなり乗ってきました。

実に感動的とも言えますが、此処からちょっと大変、柱に頭をぶつけないように
ホ○ク前進の体勢でゆっくり移動、手に乗っていた愛鳥は背中の上に、
最後はどうしても天床を移動しなきゃいけなかったので、

ぎしぎし危険な音が鳴り響く

中を、抜けないでくれーと祈りながら移動、光が漏れる開いた所まで
いったはいいが、背中の愛鳥を降ろそうとしたら、

また奥に飛んでっちまいました。1からやり直し

今度はしっかり前方に指を差し出して、愛鳥を左手(アレ右手だっけ私は多少両利きなので、
どっちでも乗せてます)に乗せて、しっかりスクランブル
下界に通じる穴までやっと辿り着くと、そのまま腕を下ろして、愛鳥は部屋の中に無事に
帰還よ、良かったー
と、ほっとしたのも束の間、下を見ると、

やけに地上が遠くに見えたよママン

降りるとき危うく足を踏み外しそうになりましたとさ 
鳥は良いよね、、、こう言うときに飛べてさ。。。。。。、。onz



・拍手御礼
10月10日の方
10月12日の方
10月14日の方
拍手ありがとうございましたー

・しかし、今回の件で思ったのは、小中学生の頃、やたら山ばかり
行かされてイヤだったって話しを以前、ブログでしましたが、いざアクションが必用になった時に何の躊躇も無く柱に飛び移っている自分に後から気が付いた
やっぱり、暴力やイジメ以外で無駄な経験ってあんまり無いんですね
愛鳥を救出した直後に思ったことと言えば

常備するロープが欲しい

でしたけどさ。。。。。



『マリモ』
完全女子向け、年齢指定ゲーム☆製作もう少し
どんだけぇー真夏の延長戦突入vvv
(情報公開公式サイト『ダブルターミネーテッド』
http://rainbowcrystal.kir.jp/)

☆☆― 嵐の惑星で巻き起こる・重厚なミステリー! ―↓☆
☆『風の大使Ⅱ』全年齢フリーゲーム只今製作中☆
今秋公開予定☆☆)

羽根布団8点セットバーゲン会場はこちら

ブログ・ランキング参加中。
私に餌を与えてもいいよーと言う方は、1ポチお願いいたしますv↓

FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://vincent.blog72.fc2.com/tb.php/180-d10fd2b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
フリーゲームフリーゲームとは、主にパソコン向けのフリーウェアとして公開されている、テレビゲーム|ゲームのソフトウェアを指す呼称である。単に無料で入手して遊べるゲームの総称としても広く使われている。概要市販のゲームは、一般的に企業が商品として制作している
2007/10/16(火) 03:54:00 | ももかの記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。