迷走、瞑想、競う、奇想。「生存」のタメの絵なのか、「絵」のタメの生存なのか。。。イラストレーターの「ロスジェネ時代」に奮闘(もうしない)イラストレーター!

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
と、某小説家さんが昔どこかでのたまっていたのをまた思い出しました。


なんにしても闘い方を学びたい、望むとノゾマざるに関わりなく、余りにも露骨に保守的で閉鎖的な
地方都市で孤立していた分、ブランクが大きいから信頼できる人との繋がりは大切だな~と思うこの頃。


ああ、ブログでは珍しいけど、ワタシは10年選手のハードボイルド(ヤセ我慢)ですw

ヘタレですけどね。

(※以下、本当の出来事を書いてます、不都合な真実ですw)
[ハードボイルドとは「ヤセ我慢」という意味。]の続きを読む
スポンサーサイト
・先ずは今朝のツイッターの呟きから。


セメンヤ選手のニュースの某所のコメで誰かが「中性(3番目の性)枠」でも設ければ?と書いていた。つまり、競技の「成績順」が、第一番目「男。」第2番目「女。」第3番目「インターセックス。」になる。ということですね、わかります。

そこまでして何を「維持」したい、国際をめぐるスポーツ業界。
-------------

-------------
-------------

そうは言ってもスポーツなんだから、性別、その他にきっちり「」を設けなければ不利が生じると言う疑念を持つ人も少なくないと思う、そう思いがちな人にはワタシは黒柳徹子の「窓際のトットちゃん」をいつもお奨めしている。

窓ぎわのトットちゃん (講談社文庫)窓ぎわのトットちゃん (講談社文庫)
(1984/04/15)
黒柳 徹子

商品詳細を見る


この作品を読んだのはワタシが高校生ぐらいのときで、親戚の伯父さんに古本でいただいて初めて読んでみた作品でした。トモエ学園の教育のテーマは、今見ても時代を超えて現代的でかつ、未だ斬新で驚かされます。

このトモエ学園内で過ごすトットちゃんたちのエピソードに次のようなものが含まれていました。

トットちゃんのクラスメートの一人に、成長ホルモンの影響で手足が生まれつき他の個よりも短く生まれてきた
少年がいました。トモエ学園にも運動会があったのですが、この競技の中に小林先生たちの妙案で「階段レース」が
組み込まれていたんです。これがまた痛快で、このレースでいつも一等になるのは生まれつき「個体差」で他の個よりも圧倒的に小柄で不利な筈の彼だけだったんです

通常、スポーツに参加させるなら「障害」があるなら「健常者」とは分けて競技させるべきだと大抵の人は思い込みがちですが、ここでは全くそんな常識は意味がないことを証明してしまっています。

あくまで個体の差は個性であるとの理念の下、見事に世間の常識を覆してしまったトモエ学園
の方針に胸がすくような気持ちにさせられました

とにかくお奨めです。

と、いうところで今回のニュースのリンクはこちら。。。。

・男性疑惑のセメンヤ選手 女性として競技に復帰

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200707031.html

世界の「一般常識」の共通認識を巡る思い込みは意外にまだまだ井の中の蛙で(トモエ学園より)圧倒的に時代性が古い。。と

国内では全く可視化されないXジェンダーXTXである自分は思ったのでした。(涙。

でも今日も生きてますよ。。。

ああ、孤独だなあ、家賃高いなあ、仕事少ないなあ、無関心社会だなあ、

最近、特にそう思うのは劣勢に晒されすぎた期間が余りにも長期化していたからなのかもしれないけど、

でも、やっと描きたかった絵が描けるタイミングがやってくる、
生きている間に果たして何人が見てくれることになるのか、それは
まだわからないけど、

とりあえず描きます。

粗暴と無関心と嘘と騒音の少しでも少ない

暴力のない場所で。

静寂のある場所で。


今、ここの静寂こそが……………。


・拍手御礼

拍手&コメントありがとうございました拍手コメント返しは続きを読むからです。
[ああ、孤独だなあ、お金欲しいなあ。。。露骨。]の続きを読む
虹2010



春にTVを点けないで。

春にTVを点けないで。

ロスジェネたちよ、春にニュースを見ないで。

春にTVを見たりしないで、自分よ。

新卒たちが、あふれかえるこの季節に。

また、置き去りにされるこの季節に。

10年、15年、何年過ぎても。

一回り以上年の離れたクラスメートたちが、学内で手厚く守られるその光景に胸を痛めても。

また同じことが繰り返される、そのことに悲しみを抱いても。

何故、自分は秋の風の下、追い出されたのだろう。

また置き去りにされるのか。

自分の中の押し殺したもう一人の自分がついに悲鳴を上げる。

何故、一回り年の違うクラスメートたちだけは手厚く守られているのか。

何故、自分はあの路上に一人置き去りにされたのか。

もうすぐ、新しい秋も来る。

自分は再びあの場所に立つのだと思う。

だから、まだ泣かなくていい。

だから、春にTVを見たりしないで、自分よ。

春にニュースを見ないで。

これが、たぶん、いやきっと、今度こそ最後の「ロストジェネレーション」だから。

まだ、死なないでロスジェネ






ロスジェネ・90

詳細は夜間に!


PS夜間:さて、サイトのリニューアルが完了?しました。

リニューアル後の仕様に関しましては下記の通りです。

・TOPページ更新。

・ゲームページ→リンク切断しました。

・BBSページ→リンク切断しました。

・小説ページ→ブログページからリンクできます。

・ポートフォリオページ→リンク切断しました。

・リンク紹介ページ→ブログリンクに移転中です。

・ブログページ→通常通りです。

・拍手→ブログ拍手と統合しました。

・プロフィールページ(TOP2へ移動)→更新しました。

以上です。

秋に個展を開くまで管理できない箇所は全部外しました。


・プロフィールのポートフォリオについて

作品タイトル「墓場からの帰還」です。
10年ぶりに自分の方を向いて描いたら、自分でもびっくりするような状態だったと気付かされた
絵です。

ロストジェネレーションとして過ごしてきたことは、勿論、自分の中のほんの一要素にすぎないのかも
しれないけど、此処から目を逸らすことは、墓場の中で生きたまま閉じ込められ続けることと同じだと、
改めて気付きました。

今年の秋のテーマはXジェンダーとしての自分自身と置き去りになった(自分自身を含めた)ロストジェネレーションの物語になると思っています。

その第一弾として一枚だけ掲げました。

最初のロスジェネ画は「自分」からです。

残りは秋の個展で披露予定です。





・皆言わなくてもそんなことは判っている人は多いと思うけど、
自分が信じること=真実」 ではないからね。。。だけど、どうせなら、やりたいことをやって
死にたいね。w余計な雑音は可能な限り一旦消して再び、筆を手にします。。。。。押入れの奥のパレットナイフも探さないとね!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。